週刊アイアンマン 「ヘルメット」をほぼ完成させるには第3号と第4号が必要 

「週刊アイアンマン」ヘルメットの完成には、第3号、第4号

「週刊アイアンマン」、ヘルメットだけでも、完成させたいと考えている方(かた)、多いようです。

 クリアパーツなども、後々、出てくるようで、「ヘルメットは、これで完成」とは、なかなかいかないようなんですけれど、頭部の空いている箇所を塞(ふさ)いで、ほぼ完成させるには、第3号第4号を購入する必要があります。 

市販「右手グローブ」完成には、第3号に第4号も第5号も必要!

 当初、僕は、創刊号「ヘルメット」と第3号「右手のグローブ」に興味を持っていました。

 創刊号のヘルメットと第3号のグローブを、仕事机の上に並べておこうと思ったのです。

 で、創刊号と第3号だけを買おうかなと。 

 しかし、どうやら、宮城県での試験販売の定期購読者の「第4号」「第5号」と、全国販売の「第4号」「第5号」では、パーツの内容が違うようです。

 試験販売の宮城県版の「第4号」には、バッテリーカバーが入っています。

 しかし、私が購入した、全国販売の「第4号」には、バッテリーカバーは入っていませんでした。

 全国販売されている「週刊アイアンマン」に、右手グローブのバッテリーカバーが入るのは「第5号」のようです。

※追記

「創刊号」から「第5号」の内容物が違うようです。

「第6号」からは、同じになるようです。

「保管パーツ」

 第3号は、「右手のグローブを組み立てる」がタイトルなんですが、「保管パーツ」として、ヘルメットのパーツも付いてくるんですね。

 しかし、この「保管パーツ」で、ヘルメット、ほぼ完成とはなりません。

 第4号の「アーク・リアクターを組み立てる」に付いてくるヘルメットのパーツも必要になってきます。

 第3号、第4号のヘルメットパーツで、ヘルメットの空いている箇所が塞がれ、ほぼ完成という形になります。

 ヘルメットの空いている箇所をなくしたい、ヘルメットをほぼ完成させたい、と考えている人は、9月8日発売の第3号9月15日発売の第4号を購入する必要があります。

予約の受付

 創刊号の「ヘルメット」だけで満足、という人もかなりの数でいるようですが、全号を揃える、という人もまた多いようです。

 さすがアイアンマン、人気ですね。

 総額162551円

 全号を揃えないにしても、特に、早い「号」、第2号、第3号、第4号などは、予約しておいたほうが無難のようです。

 amazonの予約の締め切りは特に早くて、あっという間に予約の受付を締めてしまいます。(ずいぶん先の号になれば、そういったこともなくなるとは思われますが。)

 一方、楽天ブックスは、予約受付の開始がかなり遅いですね。

 あるいは、他の書籍の仕入れ方とは、ちょっと違うのかもしれません。

第2号は「左脚のブーツ」 9月1日発売です。

 第2号は、9月1日発売で、「左脚のブーツ」です。

 見ると、大きくて、がっしりしていて、これも欲しくなってしまいますね。

市販「右手のグローブ」のハンドガードは「第4号」、バッテリーカバーは「第5号」

 第3号は、「右手のグローブを組み立てる」ではあります。

 しかし、第3号だけでは、「右手のグローブ」は完成しません。

 第3号には、バッテリーカバーと、ハンドガード(手の甲のカバー)が付いていません。

 第3号だけでは、右手の甲は、ボタン電池をおさめる箱型の穴が空いたまま。

 でも、これは、これでいいようにも思います。 

 

 第4号のタイトルは「アーク・リアクターを組み立てる」ですが、「右手のグローブ」のパーツも付いてきます。

 宮城県の先行試験販売の「第4号」では、バッテリーカバー、そしてハンドガードがついてくるようです。

 しかし、全国販売の「第4号」では、バッテリーカバーがついていません。

 バッテリーカバー、悩ましいところです。

 

 まあ、パーツにしても、組み立てガイドにしても、デアゴスティーニさんが微妙に分割するのは、致し方ないところではありますよね。

 社とすれば、1号でも多く、「週刊アイアンマン」を買ってほしいわけですから。 

 各号の内容は、考えに考えてのものでしょう。

 もちろん、本来は、全号を揃えて、60cmのアイアンマンを完成させてほしいわけですし。

 私は、第4号のハンドガードを、手の甲に、ただ載せておくだけにしようかなと思います。

 私は、「アイアンマンのヘルメットと右手のグローブを、ただ仕事机の上に転がしておくの図」を思い描いていますから。

第3号、第4号で、ヘルメット、ほぼ完成

 アイアンマンの頭としては創刊号のもので十分、と私などは、「創刊号ヘルメット」でかなり満足しています。

 創刊号のみの購入で終了、とした人の多くも、おそらくはそうではないでしょうか。

 第3号、第4号で、ヘルメットは、ほぼ、ほぼ仕上がります。

 両耳部も、後頭部も、底の部分も、空いているところがなくなり、すべて塞(ふさ)がります。

 見た目、いいですね~。

 いいですよ。

 そりゃ、(ほぼ、ほぼ)完成形、いいに決まっています。

 でも、創刊号の、未完成のヘルメット、というのも十分に「味」があると思うんですよね。

 机の上に転がしておくには、むしろ、未完のほうがいいくらいかもしれません。

 顔は、十分であるわけですし。

週刊アイアンマン 第3号

amazon


アイアンマン 3号 [分冊百科] (パーツ付)

週刊アイアンマン 第4号

amazon  


アイアンマン 4号 [分冊百科] (パーツ付)

パーツが、複数の「号」にまたがることに注意

 こういった組み立てシリーズ物は、全号を揃えるつもりなら、それで何も問題ないわけですが、私のように、あるパーツだけを机の上に、ただ転がしておこうなんて考えを持つと、その揃え方に線引きをしないと、キリがなくなってしまいます。

 右手のグローブだけでいいと思っていたけど、せっかくだから、「腕」のパーツも揃えるか、なんてことに。

(机の上に置いておくには、腕の部分まであると、場所をとりすぎてしまいそう、と僕は思っているのですが。)

 もちろん、右腕まで完成させるなんてのも、アリですね。

 腕もいいです。

 脚だっていい。

 ただ、その際も、パーツが、二つの「号」、いえ、三つの「号」にまたがる可能性が考えられるので、ご注意を。 

アーク・リアクター

 第4号の「アーク・リアクター」は、パーツとして、僕は、それほど魅力を感じていない、というのが正直なところです。

 だから、僕がもし第4号を買ったとしても、「アーク・リアクター」の行き先は、机の上ではなく、書棚かどこかかな、と思っています。

(追記:結果、アーク・リアクターも、ヘルメットと右手グローブと一緒に机の上に置いています。

 やっぱり、ヘルメットと右手グローブ、いいですよ!)

 映画「アイアンマン」で、グウィネス・パルトロウ、演じる「ペッパー・ポッツ」が、ロバート・ダウニー・Jr、演じる「トニー・スターク」にプレゼントするケース付きの「アーク・リアクター」のほうに、僕は魅力を感じます。

 そんなケースに入った「アーク・リアクター」が、各社から出ています。(デアゴスティーニも出していますね。)

 1/1サイズ!

 すごい!

 もちろん、あの言葉もあります。

「 PROOF THAT TONY STARK HAS A HEART」

(トニー・スタークにも、ハートがある)