グリーンマイル  悲しみとともに生きていく

このカテゴリーは、一切、ネタバレ無し! 

あらすじも記していません。

映画は、予備知識なんてないほうが楽しめます。

最後の最後まで、しっかりと作られている

最後の最後まで、しっかりと作られている映画です。

ここでいうところの、「最後の最後」とは、ここで終わりか、と思わせておいて、さらにまだ先がある、といった意味です。

秀逸のラストです。

スティーブン・キングの力

見る者、読む者の、思いの先を描こうとするのが力のある作り手です。

想像を超えた作品をつくる。

スティーブン・キングもそんな作家の一人です。

この「グリーンマイル」という映画作品は、原作、脚本ともに、スティーブン・キングです。

キング作品は、たくさん、映画化もされてますね。

キングは、自分の作品が映像化されることについても一家言あります。

こだわりがあるのは、ものを書く人間ですからね、当然のことですね。

スタンリー・キューブリックが映画化した「シャイニング」で、キングがそれを気に入らなかった話は有名です。

「空っぽのキャデラック」と評したのは、的を射ていると思います。

書き手からすれば、自分の描いた世界を理解してもらえていないことほど、悲しいことはありません。

「空っぽ」という言葉を口にしたキングのその思い、よくわかります。

フランク・ダラボン監督

この「グリーンマイル」の監督は、フランク・ダラボンです。

スティーブン・キングと組んで、「ショーシャンクの空に」、「グリーンマイル」、「マジェスティック」の三部作の映画を監督しました。

フランク・ダラボン監督作品では、僕は、この「グリーンマイル」が、断然、好きです。

悲しみとともに生きていく

残される者の悲しみは味わった者しかわかりません。

それは、狂ってしまいたくなるほどの悲しみです。

悲しみとともに、生きていく姿は、強く胸を打ちます。

「グリーンマイル」は、そんな大感動の映画です。

2021年5月30日「映画 おすすめ」

Posted by 対崎正宏