Mr.インクレディブル 大人も楽しめる、家族で楽しめるピクサー作品  

このカテゴリーは、一切、ネタバレ無し! 

あらすじも記していません。

映画は、予備知識なんてないほうが楽しめます。

大人も楽しめる、家族で楽しめる

「Mr.インクレディブル」、お話がしっかりしていて、その細部にまでこだわりを感じられる作品です。

だから、大人も、素直に楽しめます。

素直に、笑えます。

家族って、いいなって思える映画です。

だから、家族みんなで楽しめて、笑える映画なんですね。

作中の、マントの話なんて、本当に楽しいですよ。

アカデミー長編アニメ賞も、音響編集賞も受賞しています。

「Mr.インクレディブル」は、ブルーレイがない時代に、DVDで買って、持っていたんですけど、ユニバーサル映画(Illumination)の「ミニオンズ」の画質が、あまりにも綺麗だったんで、「Mr.インクレディブル」も、ブルーレイで見てみたくなって、「イングレディブル・ファミリー」が封切られる前に、購入しました。

で、結果は、というと、残念ながら、期待の画質ではありませんでした。

でも、そういうのって、実際に自分の目で見てみないとわからないことですからね。

まあ、ちょ~っとは、DVDよりも、綺麗なのかなあ、と思うことにしています。

なにしろ、「Mr.インクレディブル」は、とっても、すばらしい作品ですから。

ピクサー作品

「Mr.インクレディブル」は、ピクサーの作品です。

 ピクサー映画のオープニングの電気スタンド、僕は好きです。

 ちなみに、今、ピクサーは、ディズニーの子会社になっています。

 元はスターウォーズのジョージ・ルーカス率いるルーカスフィルムのアニメーションの一部門でした。

 でも、そのルーカスフィルムも、今、ディズニーの傘下です。

 ディズニーの、「スター・ウォーズ」も作られましたよね。当然のことながら、まるで別物になっていますが・・・・・・。

(「スター・ウォーズ」のスピンオフ作品は、すばらしいと感じています。)

 作品を作るには、お金が必要ですからね。

 そこには、会社経営の思惑も絡みます。

 人が集まれば集まるほど、一つの映画をつくりあげるのも難しくなるところがありますね。

 船頭が多いと船は山に上ってしまいます。

 ピクサーも、ディズニーも、すばらしい映画を作り続けてくれることを素直に願います。

2021年4月26日「映画 おすすめ」

Posted by 対崎正宏