宇治拾遺物語 猟師仏を射ること 原文と現代語訳 巻八 六 

宇治拾遺物語 猟師仏を射る事 原文

 昔、愛宕(あたご)の山に久しく行ふ聖ありけり。

年比(としごろ)行ひて、坊を出づる事なし。

西の方に猟師あり。

この聖を貴みて、常にはまうでて、物奉りなどしけり。

久しく参らざりければ、餌袋に干飯など入れてまうでたり。

聖悦(よろこ)びて、日比のおぼつかさなどのたまふ。

その中に、居寄りてのたまふやうは、

「この程いみじく尊き事あり。

この年比、他念なく経をたもち奉りてある験(しるし)やらん、

この夜比、普賢菩薩、象に乗りて見え給ふ。

今宵(こよひ)とどまりて拝み給へ」

といひければ、この猟師、

「世に貴き事にこそ候ふなれ。

さらばとどまりて拝み奉らん」

とてとどまりぬ。

さて聖の使ふ童のあるに問ふ。

「聖のたまふやう、いかなる事ぞや。

おのれもこの仏をば拝み参らせたりや」

と問へば、童は、

「五六度ぞ見奉りて候ふ」

といふに、猟師、

「我も見奉る事もやある」

とて、聖の後ろにいねもせずして起きゐたり。

九月廿日の事なれば、夜も長し。

今や今やと待つに、夜半過ぎぬらんと思ふ程に、東の山の嶺より月の出づるやうに見えて、嶺の嵐もすさまじきに、この坊の内、光さし入りたるやうににて明くなりぬ。

見れば、普賢菩薩、象に乗りてやうやうおはして、坊の前に立ち給へり。

聖泣く泣く拝みて、

「いかに、ぬし殿は拝み奉るや」

といひければ、

「いかがは。この童も拝み奉る。をいをい、いみじう尊し」

とて、猟師思ふやう、

「聖は年比(としごろ)経をもたもち、読み給へばこそ、その目ばかりに見え給はめ、この童、我が身などは、経の向きたる方(かた)も知らぬに、見え給へるは心は得られぬ事なり」

と心のうちに思ひて、

「この事試みてん、これ罪得(う)べき事にあらず」

と思ひて、尖矢(とがりや)を弓につがひて、聖の拝み入りたる上よりさし越して、弓を強く引きて、ひやうと射たりければ、御胸の程に当るやうにて、火を打ち消つごとくにて光も失せぬ。

谷へとどろめきて逃げ行く音す。

聖、

「これはいかにし給へるぞ」

といひて、泣き惑ふ事限りなし。

男申しけるは、

「聖の目にこそ見え給はめ、我が罪深き者の目に見え給へば、試み奉らんと思ひて射つるなり。

実の仏ならば、よも矢は立ち給はじ。

さればあやしき物なり」

といひけり。

夜明けて、血を止めて行きて見れば、一町ばかり行きて、谷の底に大きなる狸、胸より尖矢を射通されて死して伏せりけり。

聖なれど、無智なれば、かやうに化されけるなり。

猟師なれど、慮ありければ、狸を射害し、その化をあらはしけるなり。 

宇治拾遺物語 猟師仏を射る事 現代語訳

 昔、(京都の)愛宕山に、長いこと修行を続けている高徳の僧がいた。

何年もひたすら修行し、住まいを出ることがなかった。

高徳の僧の住まいの西に猟師が住んでいて、この僧を尊敬し、たびたび訪ねて、物を差し上げなどしていた。

(あるとき、)猟師がしばらくぶりに食べ物を籠に詰め込んで、高徳の僧のところへ伺うと、僧は喜んで、

「久しく来ないので、どうしているかと気がかりだった」

などとお話しになった。

そのうち猟師の傍ににじり寄って、おっしゃることには、

「最近たいそう尊いことがある。

何年もずっと一心に経をお読み申し上げた効験だろうか、このところ毎晩、普賢菩薩が象に乗ってお見えになる。

(だから、おまえさんも)今宵ここに留まって拝みなされ」

それで猟師は、

「まことに尊いことでございますな。

それでは泊まって拝み申し上げましょう」

と言って、その夜はここに留まった。

 さて、(猟師は)高徳の僧が使っていた少年に尋ねた。

「聖僧のおっしゃるのは、どういうことか。

おまえもこの仏を拝み申し上げたのか」

と尋ねると、少年は、

「五、六回拝見してございます」

と言うので、猟師は

「自分も拝見することもあるか」

と思って、高徳の僧の後ろで眠らずに起きていた。

(陰暦)九月二十日のことで、夜は長い。

今か今かと待つうち、夜中も過ぎたろうと思う頃、東の山の峰より月がのぼるかのように見えて、峰の嵐もものすごく吹き、この寺の中が、光のさし込んだように明るくなった。

見ると、普賢菩薩が、象に乗ってゆっくりとやって来て、寺の前にお立ちになった。

高徳の僧は泣きながら拝んで、

「これこれ、おまえさんは拝み申し上げているか」

と言ったので、猟師は、

「どうして(拝み申し上げないことがありましょうか。私も拝み申し上げていますよ)。

この(寺の)少年も拝み申し上げています。

はいはい、まことに尊いことで」

と答えたが、猟師が思うことには、

「聖僧は何年も経を大切にし、お読みなさったのだから、その目だけに仏がお見えになるのでしょうが、しかし、この少年やわが身などは、経の向いている方もわからないのに、仏がお見えになるというのは、どうも得心がいかない」

と心の内に思って、

「よし、(この普賢菩薩が本物かどうか)試してみよう。(真実を求めることなのだから、)これは罪を被るべきことではない」

と思って、猟師は、先の尖った矢を弓につがえて強く引き、拝み入っている聖僧の頭越しにひょうと射れば、矢が仏の御胸に当たったらしく、火を打ち消すように光も消えた。

谷へ轟き、逃げていく音がする。

聖僧は、

「これは、なんということをなさったのか」

と言って、泣き乱れることはこの上もない。

男が申し上げるには、

「僧の目にこそ(仏は)お見えになるのでしょう。

自分のような罪深い者の目にもお見えになるので、お試ししようと思って、射たのです。

本物の仏なら、まさか矢はお立ちになるまい。

矢が立ったというのなら、妖怪です」

と言った。

夜が明けて、血の跡をたどって見ると、一町(約109メートル強)ほど行った谷底に、大きな狸が胸をとがり矢で射抜かれ、死んで伏していた。

 高徳の僧であっても無智なので、このように化かされたのである。

一方、ただの猟師であっても思慮があったので、狸を射殺し、その化けの皮を剥いだのである。

さすがの宇治拾遺物語

 拝んでいる坊さんの頭の上から、矢を放つとは、おもしろすぎる猟師です!

 腕もいいですね。

 オリンピックに、種目をつくって、出てほしいです。

(オリンピックは、妙な新種目より、「弓矢」とか、昔やっていた「綱引き」とかを、加えてほしいと僕は思っています。)

狸もやりますね。

象まで用意します。

葉っぱとか、ネズミとかを象にするんでしょうか。

普賢菩薩が乗るんだから、たぶん、白い象ですよ。

普賢菩薩は白い象に乗るんです。

白いハツカネズミでしょうかね。赤い目をした。

大きな狸を乗せるんだから、ネズミも相当きつかったはずです。

さすがの宇治拾遺物語です。

品詞分解 助動詞の接続 古文が訳せるようになる  

是以 以是 而 漢文・古文を読めるように 

宇治拾遺物語 尼地蔵見奉ること 原文と現代語訳 巻一 一六 

宇治拾遺物語  信濃国筑摩の湯に観音沐浴の事 原文と現代語訳 巻六の七 

宇治拾遺物語 四の宮の河原地蔵の事 袖くらべ 原文と現代語訳 五の一 

宇治拾遺物語 大安寺別当の女に嫁する男、夢見る事 原文と現代語訳 九の七 

京都 愛宕山(あたごやま)

ちなみに、アイキャッチ画像は、「鶏鳴(けいめい)の滝」と「信楽焼(しがらきやき)の狸」です。

「鶏鳴の滝」は、滋賀県の信楽にある滝です。

「信楽焼の狸」も「鶏鳴の滝」も、今回の 「猟師仏を射る事」 とは、何ら関係ありません。

悪しからず。

今回の「猟師仏を射る事」の舞台は、京都の愛宕山です。

愛宕山は、仏教でも、神道でも、聖地とされ、信仰されている山です。 

2021年5月18日「雑記帳」

Posted by 対崎正宏