原因と結果の関係を例文でわかりやすく解説

視点の置き方は、思考の力

 視点の置き方は、思考の力によるものです。

 意味の位置づけ、それは視点の置き方によって変わるからです。

 あの人は、目の付け所が違う、ってやつです。

 視点は、思考の起点にも、基点にもなるんです。

「しっかりした文章」

「しっかりした文章」を理解するということは、その書き手の思考を理解するということです。

 しっかりした文章とは、しっかりと言葉が配置された文章のことをいい、それは、しっかりと意味が位置づけされている文章、ということです。

 しっかりと意味が位置づけされた文章を読む際、細部の意味を読み誤ると、全体の内容理解は不可能になります。

 何を結果と見るか、その結果に対して、何を原因と見るか、それによって、理解は変わってしまうからです。

 しっかりした文章において、その意味決定をしているのは書き手です。

 しっかりした文章を理解するということは、しっかりした書き手の思考を理解する、ということです。

 たとえば、雨が降ることを結果とするか、雲ができることを結果とするか、日が射すことを結果とするか、風が吹くことを結果とするか。  

 何を結果と定めるかによって、その直接的な原因も、間接的な条件も変わってきます。

 意味は、書き手によって位置づけられるんです。

 言葉の置き方が、意味の決定となるんです。

因果関係 

ここで、因果関係を、もう一度、確認し、そこから少しだけ、思考を深く掘り下げてみましょう。

種を土に埋めたら、芽が出た

「芽が出た」のが、結果です。

「種を土に埋めた」のが、原因です。

結果のキーは、「芽」ですね。

「芽が」というように、主語として書かれています。

原因のキーは、「種」ですね。

「種を」というように、対象として書かれています。

「芽」は、「種」と直接に結びついています。

「種」が「芽」となるからです。

これが、因果関係です。

さあ、ここからです。

思考を少しだけ掘り下げます。

因果関係の中身を探る

種を土に埋めたら、芽が出た

因果関係の中身を探りましょう。

「芽」は、「が」と結びつき、主語のキーとなっています。

「種」は、「を」と結びつき、対象のキーとして記されています。

もう一つ、キーがありますね。

そうです、「土」です。

「に」と結びついて、やはり対象のキーとなっています。

因果関係の中にあるもの、それは「条件」・「縁」

種を土に埋めたら、芽が出た

この書き方は、どういうことを意味しているのか。

「種」は、「土」と関係して、「芽」となった、ということです。

「土」は、原因と結果の中にありますね。

これを、「条件」、あるいは、「縁」といいます。

「条件」、「縁」とは、直接的な原因と結果の間にあるものです。「条件」、「縁」は、「間接的な条件」ともいいます。

※「縁」が、結果に対しての直接的原因となる場合もあります。

直接的な原因を因、間接的な条件を縁というのは、仏教からの考えです。

そもそも、因果や因縁(いんねん)、縁起(えんぎ)は、仏教からの言葉です。

因果の追究

 因果の追究には、「条件」、「縁」を併せて思考する必要があります。

 単純な因果関係もあれば、複雑な因果関係もあるからです。

 何かしらの事象、事件、出来事が起きるのも、病気になるのも、「条件」、「縁」が関係しています。

 マクロ、ミクロに、世界は、すべて、つながっています。

次のステップへ → カテゴリー「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」どうぞ→ サイトマップ