省略という書き方を理解すれば、文章力がアップする

省略することで、強調効果が生まれる 

省略には、強調効果があります。

しかし、その書き方を理解していなければ、その効果も生まれません。 

省略には、いくつか、書き方があります。

ここでは、そのうちの一つを説明しましょう。

省略する言葉は重要な言葉

省略とは、書かないことですね。

その書かないものとは何でしょう。

それは、重要な言葉です。

 あるいは、重要でないものだから省略する、という感覚を持っている人もいるでしょうか。

 たしかに、何かの催(もよお)しなどで、時間がなくなってしまったから省略しましょう、なんていった場合、そこで省略されるのは、大概、重要ではないものですね。

 しかし、文章においては、そうではありません。

 重要な言葉が省略されるんです。 

「バラ」は、「バラ」という言葉では説明できない

文章は、何かについて書くわけですね。

その何かを、「バラ」としてみましょう。

文章は、「バラ」ついて、あれこれと説明することになります。

その場合、説明に使われる言葉は、「バラ」ではない言葉です。

トゲとか、赤とか、黄色とか、花とかいった言葉です。

「バラ」を説明するには、「バラ」という言葉は使いません。

うまい書き方であればあるほど、その書き方になります。

しかし、その文章中には、「バラ」の意味がしっかりと生きています。

ここに、省略という書き方の根本(こんぽん)があります。

意図を持った省略の書き方

重要な言葉だから、省略できるんです。 

重要な言葉だから、省略されるんです。

意図を持って、省略の書き方ができれば、強調効果が生まれます。 

重要な言葉を使うのは、ここぞというところだけ

 では、どのように書けば、省略の強調効果が生まれるのか。

 ここぞ、という箇所でのみ、「重要な言葉」を使うんです。

 他では書かない。

 筆の立つ人間であれば、「重要な言葉」は、最初と最後しか記しません。あとはすべて省略します。

 そこまでの書き方ができなくても、「重要な言葉」はできるだけ書かない、という意識を持って書くことで、仕上がりは大きく違ってくるでしょう。

AIは、省略を読めない

 この「省略」という書き方は、筆の立つ人の書き方です。

 しかし、この書き方をした文章を、AIは読みこなせません。

 つまり、今回の「省略」という書き方は、ブログ、サイトでの書き方では、ありません。

 ブログ、サイトは、コンピュータプログラムの要求に従うしかない書き方で、それは、キーワードを省略しない書き方です。

 だから、私も、このサイトで書く際には、省略の書き方はせず、キーワードをくり返し使っています。 

 しかしながら、AIに従った書き方をしていると、書く力が身につくことはありません。

 知らぬ間に、AIに生かされているようでは困ります。人間は、自身で思考を磨かなければなりません。

 言葉を扱う力が、思考の力となります。

こちらもどうぞ  省略には、順序がある 位置関係から重要度は決まる  

2021年4月25日「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」

Posted by 対崎正宏