試験にでる漢字の読みと意味

漢字・熟語の「読み」の問題 

「読み」の問題として、試験によくでる漢字・熟語です。

意味もあわせて記しました。

「読み」の問題は、大学入試レベルですが、漢字・熟語の「意味」の学習として幅広く活用していただけます。

問題と答えの見方

問題と答えと意味は、次の例のような並びになっています。

74 帰国のにつく   ← アンダーラインのついた漢字が「読み」の問題

→ と         ← 漢字の「読み」の答え 

→ みち。みちすじ。  ← 問題の漢字の意味

試験によくでる漢字の読みと、その意味

1  寂寥とした風景が広がる。 

→ せきりょう 

→ ものさびしいさま。ひっそりしているさま。

2 男の恣意的な振る舞いにうんざりした。 

→ しい 

→ 気ままな心。自分勝手な考え  

3 しみじみとした風情のある庭だった。 

→ ふぜい 

→ おもむき。あじわい/情趣。

4 山の奥深くに寺院が建立された。  

→ こんりゅう → 寺院、堂塔などを建設する。

5 彼が夢をてることはなかった。  

→ す 

→ ほうりだす/捨てる。

6 当該物件のリストをつくった。 

→ とうがい 

→ そのこと。そのもの/そのことに当たること。

7 キーワードをえる視点。 

→ とら 

→ しっかりとつかむ。しっかりとにぎる/しっかりとおさめる/つかまえる。  

8 気を許して饒舌となる。 

→ じょうぜつ 

→ 口数が多い。多弁なこと。おしゃべり。

9 力をった日々を思い出せ。 

→ つちか 

→ 養い育てる。育成する。

10 明日からまた行脚の途につく。 

→ あんぎゃ 

→ 徒歩で諸国を旅する/僧が諸国をめぐって修行する。  

11 彼にはいつも辟易する。 

→ へきえき 

→ 閉口する(困らされる・どうにも参る)/たじろぐ/驚き怖れて立ち退く。

12 妙な気配に後ろを振り向く。 

→ けはい 

→ 何となく感じられる様子。そぶり。

13 彼は自分の好悪で作品を判断している。 

→ こうお 

→ すききらい。

14 彼からの手向けの言葉を期待する。 

→ たむけ 

→ 旅のはなむけ。餞別(せんべつ)。

15 ひどい揺れに建物が大きくんだ。 

→ ゆが 

→ 形が正しくなくねじけ曲がる。

16 彼女はが非でもやりぬくだろう。 

→ ぜ 

※ ぜがひでも → いやでも応でも。正邪にかかわわらず。ぜひとも。

17 彼はその刹那すべてを理解した。 

→ せつな 

→ 一瞬間。極めて短い時間。

18 昼食会は、やかな雰囲気だった。 

→ なご 

→ やわらいでいるさま。おだやか。のどやか。

19 彼女はいつも人を気遣う。 

→ きづか 

→ あれこれと心配する。

20 彼の倒錯した振る舞いに驚く。 

→ とうさく 

→ 本能や感情の異常、人格の異常により、社会的規範に反する行動を示すこと。 

21 とうとう大願を成就した。 

→ じょうじゅ 

→ なしとげる。できあがる。成功。達成。

22 この業界において彼女は唯一無二の存在だ。 

→ ゆいいつむに 

→ ただ一つだけで二つとない。

23 男の申し出を言下に断った。 

→ げんか 

→ 言葉の終わるか終わらぬかの時。言い終わってすぐ。

24 多くの人々への功徳となる。 

→ くどく 

→ よい結果(果報【かほう】)をもたらすもととなる善い行い。

25 りを恐れる村人たち。 

→ たた 

→ 悪いむくい。

26 庭に山茶花を植える。 

→ さざんか 

→ ツバキ科の常緑小高木。秋から冬にかけて花を開く。冬の季語。

27 文章の意味を破綻させてしまう男。 

→ はたん 

→ 成立しないこと。こわれること。

28 一期一会の精神を持つ。 

→ いちごいちえ 

→ 一生に一度限りであること。

29 彼女は語彙が豊富である。 

→ ごい 

→ 一つの言語の単語の総体。

30 任務を遂行するのみである。 

→ すいこう 

→ なしとげる。しおおす。

31 彼は法を遵守する男だ。 

→ じゅんしゅ 

→ よく守る。

32 酒に耽溺した生活を送る。 

→ たんでき 

→ ふけりおぼれる。

33 些細なことを気にする。 

→ ささい 

→ わずかな、取るに足りない。

34 彼の態度はじつにかった。 

→ いさぎよ 

→ すがすがしい。汚れがない。たいそう清い。

35 この道をめたいと思う。 

→ きわ 

→  深く追究して本質や真相をつかむ。

36 あの記憶が鮮明にる。 

→ よみが 

→ 生きかえる。失っていたものを取り戻す。

37 大きな産声が聞こえた。 

→ うぶごえ 

→ 生まれたときにはじめてあげる声。

38 彼の物言いはいつも曖昧だ。 

→ あいまい 

→ はっきりしない。まぎらわしく、確かでない。

39 中傷記事を嫌悪する。 

→ けんお 

→ 憎みきらう。不愉快に思う。

40 村はすっかり変貌していた。 

→ へんぼう 

→ 姿・様子の変わること。

41 温暖化が所以であろう。 

→ ゆえん 

→ 理由。わけ。いわれ。

42 彼女は純真で無垢だった。 

→ むく 

→ 心身の汚れていないこと。うぶ。

43 すれ違いざま会釈した。 

→ えしゃく 

→ 軽く首を垂れて一礼する。おじぎ。あいさつ。 

44 闇の中に身をめる。 

→ ひそ 

→ かくす。しのばせる。

45 疾病の治療をする。 

→ しっぺい 

→ 病気。疾患(しっかん)。やまい。

46 答えを示唆する。 

→ しさ 

→ それとなく気づかせる。暗にそそのかす。

47 どうしても納得できない企画だ。 

→ なっとく 

→ 承知する。認める。了解。

48 その日から学校中の羨望の的となった。 

→ せんぼう 

→ うらやましく思う。 

49 彼はいつも真摯な態度だった。 

→ しんし 

→ まじめでひたむきなさま。

50 市井の声にようやく気づく。 

→ しせい 

→ 人家の集まっているところ。まち。ちまた。

51 敏捷な動きに驚く。 

→ びんしょう 

→ すばやい。すばしこい。

52 適切な措置を講ずる。 

→ そち 

→ とりはからって始末をつける。処置。

53 黒い液体が沸騰した。 

→ ふっとう 

→ 煮えたつ。内部から気化が生ずる。

54 本の挿絵を見る。 

→ さしえ 

→ 紙面に挿し入れた、文章に関係のある絵。

55 紛争が勃発した。 

→ ぼっぱつ 

→ にわかに起こること。突然に起こること。

56 事の成り行きを懸念する。 

→ けねん 

→ 気にかかって不安に思う。心配。

57 彼女の言葉を反芻していた。 

→ はんすう 

→ くりかえし思い、考える。

58 真情を披歴した。 

→ ひれき 

→ 心中の考えを包むことなくうちあける。

59 どうにかして煩悩を断ちたい。 

→ ぼんのう 

→ 心身をわずらわし悩ませる一切の念。

60 二足の草鞋を履く。 

→ わらじ 

※にそくのわらじをはく → 同一人が二つの職業を兼ねること/両立しないような2種の業を兼ねること。

61 契約書に捺印した。 

→ なついん 

→ 印判をおす。

62 同じ範疇に属すると考えた。 

→ はんちゅう 

→ 同じ種類のものの所属する部類・部門の意。 

63 一世を風靡した男だった。 

→ ふうび 

→ その時代の大勢の人々をなびき従わせること。

64 きみの成功は必定だ。 

→ ひつじょう 

→ かならずそうなると決まっていること。必至。

65 理想と現実の乖離に負けるな。 

→ かいり 

→ はなればなれになること。そむき離れること。

66 彼は頓着しない男だった。 

→ とんじゃく・とんちゃく 

→ 深く心に掛ける。気にする。懸念。

67 誤謬を正そう。 

→ ごびゅう 

→ あやまり。まちがい。

68 人の意見に追従する。 

→ ついじゅう 

→ 人のあとにつき従う。 

転じて 

→ あの野郎、お追従を言いやがって。 

→ ついしょう 

→ こびへつらうこと。おべっかをつかうこと。

69 彼は執拗に食いさがった。 

→ しつよう 

→ 自分の意見を通そうとすること。片意地。

70 あいつは輪廻するだろう。 

→ りんね 

→ 迷いの世界を生きかわり死にかわること。生死を重ねてとどまることのないこと。

71 珊瑚で首飾りをつくる。 

→ さんご 

→ 珊瑚礁を構成するサンゴ類。悪徳政治家に破壊されることがある。

72 ヒグマに遭遇した。 

→ そうぐう 

→ 不意に出会う。思わぬ場面であう。

73 これは由緒ある壺である。 

→ ゆいしょ 

→ 伝えてきた理由・原因。経過してきた次第。由来。

2021年4月25日「雑記帳」

Posted by 対崎正宏