あなたの言葉が、あなたの力を覚醒させる

言葉が、論理をつくる

論理的な思考の力は、仕事においても、日常においても、形あるものを生み出していける力です。

たとえば、「円柱」は、ローラーにも、柱にも、椅子にもなります。

斜めに切断すれば、滑り台にも、いかしたモニュメントにもなります。

歯を引けば、櫛(くし)にもなる。

これらは、みな、「円柱」の持つ機能です。

ここで言う「円柱」は、母語です。

母語は、論理の力を持っているんです。

言葉が、論理をつくっているんです。

言葉を使いこなせるかどうかは、その言葉を扱う自分自身によります。

目の前のものの理解が、新たな意味を生みだす

目の前にあるものを正確に理解することができれば、見えていない意味を引き出すことができます。

それによって、目の前にあるものの用途は多様に広がっていきます。

論理の力です。

拙著「大人の読む力」は、母語という言葉で、その力を示しました。

わかっていたつもりの母語の扱いの中には、見えていないものがあります。

母語による論理的な思考

自身の思考の力を最も発揮できるのは、母語です。

外国語ではありません。

母語を論理的に扱えるということが、論理的に思考できるということです。