原因・理由 書き方の違いは、印象の違いになる

印象の違いは、品詞の置き方の違い

 前回の内容( 「から」「ので」の違い 原因・理由と因果関係 )を、少し掘り下げて、書き方の印象を確認してみましょう。

 印象の違いは、品詞の置き方の違いです。

原因・理由を表す品詞

 原因・理由の意味をつくっている言葉の順序を置きかえると、印象が変わります。

 以下に記す①では、名詞+動詞、形容詞・形容動詞、(助動詞)による主語・述語 → 従属節が、原因・理由の意味をつくっています。

 ②では、(動詞、形容詞・形容動詞、助詞、助動詞+)名詞 → 修飾節が、原因・理由の意味をつくっています。

 ①は、口語的な印象、やさしい調子の書き方になります。

 ②は、報道的な印象、硬い印象の書き方になります。

① 従属節の主語・述語が原因・理由

※ スマホは、横向きにしてご覧ください

話し言葉のような印象、やさしい調子の書き方

      従属節                       主節

 主語          述語              主語     述語 

  ↓           ↓               ↓      ↓

 名詞          動詞      原因・理由    ↓      ↓

  ↓                          ↓      ↓

 ━━ が      動作・作用・存在    て     ~ が    …… 。

             (こと)    で     ~は     ……。

                形式名詞

      従属節                        主節

主語         述語                主語     述語

 ↓          ↓                 ↓      ↓

名詞       形容詞・形容動詞    原因・理由    ↓      ↓ 

 ↓          ↓                 ↓      ↓

━━ が      性質・状態       ため      ~ は   …… 。

              (た)

              (助動詞)  

① 例文

〇 温暖化が長引い、野生種は滅んだ。     (「長引い」=動詞

〇 温暖化が続いたため、人類は地球を離れた。  (「続い」=動詞・「た」=助動詞

〇 温暖化が続いたこと、A国は計画停電となった。(「た」=助動詞 「こと」=形式名詞)

〇 温暖化がひどく、台風は大型化する一方だ。 (「ひどく」=形容詞

② 修飾節が原因・理由

※ スマホは、横向きにしてご覧ください

レポート的、報道的な印象、硬い印象の書き方

         修飾節 

  修飾語             被修飾語                  

動詞・形容詞・形容動詞

     助詞、助動詞     名詞・形式名詞「こと」   原因・理由   主語・述語 

動作・作用・存在、性質・状態    事物の名               ~が…… 。

                   こと            のため  ~は…… 。

                           に・により・によって ~は…… 。          

                                        

② 例文

〇 長引く温暖化、四季がなくなった。      (「長引く」=動詞 「温暖化」=名詞)

〇 続く温暖化、漁獲高にも影響がでている。   (「続く」=動詞)

〇 ひどい温暖化のため、北極の海氷が解けている。 (「ひどい」=形容詞)

〇 長引く温暖化、地球は悲鳴をあげていた。   

〇 温暖化によって、激甚災害が引き起こされた。

原因・理由の助詞・助動詞の例

〇 祇園祭、街が大変な賑わいを見せている。

〇 彼の度重なるミス、私は閉口してしまった。

による

〇 

我々の事業の成功は、彼の多大な貢献による

により

〇 悪天候により、競技大会は中止となった。

・のため・から 

〇 店の粋な計らいによって、二人は結ばれた。

〇 バーゲンセールのため、店内は大混雑だった。

〇 山頂に立ったから、海を見ることができた。

〇 ゼンマイを交換し、機械時計はよみがえった。

ので

原因が、客観的判断からの際に使用

+のイメージの原因にも、-のイメージの原因にも使用可能

〇 患者の血圧が100を切ったので、ICUに運んだ。

せい → せいで・せいだ・のせいで・のせいだ

原因が、主観的判断からでも、客観的判断からでも使用可能

-のイメージの原因の際に使用

〇 私の理解が足りなかったせいで、彼女を傷つけてしまった。

〇 彼らの失敗は、社会というものを知らなかったせいだ

〇 あいつのせいで、彼の作品は台無しだ。

2021年4月1日「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」

Posted by 対崎正宏