擬人法の中型犬、「銀」太郎

擬人法(人でない犬を、人に見立てて表現)

拙著「ついざき式 本当の読解力を身につける50の方法」、「現代文〈小説〉の読み方」で、笑いをとろうとして書いている箇所がいくつかあります。

そこで登場させているのが、「銀太郎」で、そのモデルが、この「銀」です。

あまりに人間らしい犬なので、擬人法の説明のところでは、必ず、この「銀」を登場させていました。

「エリザベスカラー」をした「銀」

下の写真の「銀」が首に巻いているのは、エリザベスカラーです。

傷口(に付けた薬)を舐めないようにするためのものです。

(猫用もありますけど、こういうの、「エリザベスカラー」っていうんです。

エリザベス朝【ちょう】っぽいからなんですね。)

「エリザベス?

べつに、俺、エリザベスでも、ゴンザレスでも、全然、平気」

「銀」は、エリザベス・カラーをつけても、ちっとも、いやがらない(変な)犬でした。

「柴犬」はかわいい

もう何年も前の話です

「柴犬を飼い始めた」

実家の亡き父は、電話口で言っていました。

それが、「銀」です。

実家では、秋田犬、シェパード、ラブラドール・レトリーバーと、ずっと、大型犬ばかりを飼っていたんですが、父は自分の病気ことを考えて、小さな犬を、はじめて、求めたのでした。

「柴犬」はかわいいですからね。

「銀」は、実にマイペースな犬で、実に大飯食らいで、すくすくと成長していきました。

脚も、ひょろひょろと伸びていきました。

そうして、とうとう、痩せ狐のような、中型の柴犬になりました。

てか、柴犬じゃないし~。

「銀」は、「ついざき式 本当の読解力を身につける50の方法」と「現代文〈小説〉の読み方」で登場しています。

つまり、そこで、「擬人法」の説明をしているわけです。

拙著の中では、飼い主の女性と「銀太郎」とのふざけたやり取りという設定で書いていますが、「銀」はかわいい犬でした。

もちろん大好きでした。

2021年4月25日「雑記帳」

Posted by 対崎正宏