宇治拾遺物語 四の宮の河原地蔵の事 袖くらべ 原文と現代語訳 五の一

袖くらべ 原文

 これも今は昔、山科(やましな)の道づらに、四の宮河原といふ所にて、袖くらべといふ、あき人あつまる所あり。

その辺の下種(げす)のありける、地蔵菩薩を一体造りたてまつりたりけるを、開眼(かいげん)もせで櫃(ひつ)にうちいれて、奥のへやなどおぼしき所に納め置きて、世のいとなみにまぎれて、程へにければ、忘れにける程に、三四年ばかりすぎにけり。

ある夜、夢に、大路をすぐる者の、声だかに人よぶ声のしければ、「何事ぞ」と聞けば、「地蔵こそ」と、高くこの家の前にていふなれば、おくのかたより、「何事ぞ」と、いらふる声すなり。

「明日、天帝釈(てんたいしやく)の地蔵会(ゑ)し給ふには、参らせ給はぬか」といへば、この小家(しょうか)のうちより、「参らんと思へど、まだ目のあかねば、え参るまじく」といへば、「かまへて参り給へ」といへば、「目もみえねば、いかでか参らん」といふ声すなり。

うちおどろきて、なにのかくは夢にみえつるにかと思ひ参らすに、あやしくて、夜あけて、おくのかたをよくよく見れば、この地蔵納めて置きたてまつりたりけるを思ひだして、みいだしたりけり。これがみえ給ふにこそと、おどろき思ひて、いそぎ開眼(かいげん)したてまつりけりとなん。

袖くらべ 現代語訳

 これも今となっては昔の話だが、山科(やましな)の道筋で、四の宮河原という所に、袖くらべといわれる商人の集まる所がある。

その辺りに身分の低い者(その辺の下衆)がいて、地蔵菩薩を一体お造り申し上げたのを、開眼供養もせずに櫃(ひつ)に入れて奥の部屋と思われる所に納めておいて、生活にまぎれて、時が経ったので、忘れているうちに、三、四年ほど過ぎてしまった。

ある夜、(その辺の下衆の)夢に、大通りを通り過ぎる者が大声で人を呼ぶ声がしたので、「何事だ」と(その辺の下衆が)思って聞いていると、「地蔵さん」と声高くこの家の前で(大路をすぐる人が)言うと、奥の方から、「何ですか」と(地蔵菩薩が)答える声がする。

「明日、帝釈天が地蔵会をなさるのに(なさる法会【ほうえ】に)、おでかけなさいませんか」と(大路をすぐる人が)言うと、この小家(しょうか)の中から、「参ろうと思うが、まだ目があかない(開眼していない)ので、参ることができなくて」と(地蔵菩薩が)言うと、「必ずおいでください」と(大路をすぐる人が)言うと、「目も見えないのでどうして参ることができようか」と(地蔵菩薩が)言う声がする。

(その辺の下衆は)目が覚めて、なにがこのように夢にあらわれたのかと思い申し上げるにつけ、不思議な気持ちがして、夜が明けて、(家の)奥の方をよくよく見ると、この地蔵を納め置き申し上げていたのを思い出して、見つけ出した。

これが夢にあらわれなさったのだと、気づいて、急いで開眼供養を行い申し上げたということだ。

「袖くらべ」とは 

ここの「山科」は、京都市東山区の「山科」です。

「袖くらべ」とは、袖と袖とをさし合わせ、その袖の中で指を握り合って値(ね)を決める取り引きのことです。

 また、衣類や反物の売買そのもののことをいう場合もあります。

 ちなみに、山口県下関市の「南風泊(はえどまり」の市場で行われる「河豚(ふぐ)」の競(せ)りは、「袖」ではなく、「袋」です。

 あの河豚の競りは、「袋競(ふくろぜ)り」といわれています。 

 まあ、河豚は「冬」ですね。

漢字 河豚の由来 白子の簡単、おいしい焼き方    

 

「開眼」「帝釈天」「地蔵会」「かまへて参り給へ」

「開眼」とは、新しくつくられた仏像に、魂を入れる儀式です。これにより、ただの木や石の像が、神聖な像になる、と考えられています。

「天帝釈(てんたいしゃく)」とは、「帝釈天(たいしゃくてん)」のことです。仏教では、帝釈天と梵天(ぼんてん)が諸天(善神)の最高位で、仏法を守護します。密教では、「帝釈天」は十二天の一で、東方の守護神です。

「地蔵会」とは、地蔵菩薩のための法会(ほうえ)、供養(くよう)です。

「かまへて参り給へ」の「かまへて」は副詞です。①ぜひとも、なんとかして ②(命令、意志の語などがあると)必ず、きっと ③(打ち消し、禁止の語などがあると)決して の意となります。